おかゆ++

IT業界の片隅で生き残るブログ

開発環境

vimrcをファイル分割する&VimとNeoVimで共通化する

vimrc分割の理由 Vimを使っていれば、プラグインを追加したり、設定を変えたり等々でvimrcは長くなっていく一方です。 ということで、読みやすさと拡張性を確保するためにも当然分割したいわけです。 分割ついでに、VimとNeoVimの両方で同じvimrcを使うよう…

Debian 9 stretch インストール直後から環境を整えるメモ

自分用の最低限の環境を整えるためのメモです。 本当は何らかの方法で自動化したいところですが、それはまたの機会に。 sudoできるように usermod -G sudo [username] ホームディレクトリの英語化 ホームディレクトリの「デスクトップ」とか「ダウンロード」…

いまさら深層学習(TensorFlow)に入門したので参考にしたサイトなど

大まかな進め方 プログラム周りの事前知識としては、PythonはFizz Buzzが書ける程度の知識で大丈夫そうでした。 機械学習周りの事前知識として、以下の記事をナナメ読みしました。 この記事でベクトル、テンソル、行列、単純パーセプトロン、バックプロパゲ…

.bash_profileの$PATH設定をミスってlsすらできなくなった時の対処

先日 CentOS 7 の環境で作業していて .bash_profile を変更していたとき、 環境変数 $PATH の設定をミスった状態で保存・読み込みしてしまいました。 # vim .bash_profile export PATH="$FOO/bin:$HOME" ←$HOMEじゃなくて$PATH # source .bash_profile ←間違…

Flask製アプリケーションをCentOS7+Apache+WSGIで動かす

想定環境 OS:CentOS 7.3.1611 64bit Python:3.6.2 (pyenvで導入) Apache:2.4.6 (yumで導入) Pythonの導入(pyenv) pyenvを利用したPythonの導入については過去記事を参照。 okayu-moka.hatenablog.com 今回はPython 3.6.2が導入された状態からスター…

CentOS 7に最新版Pythonを導入する(pyenv)

想定環境 OS:CentOS 7.3.1611 64bit pyenvについて CentOS 7.xに最初から入っているPythonは2.x系です。 できれば新しめのPythonを使いたいので、pyenvを使って導入します。 pyenvはRubyで言うところのrbenvで、複数バージョンのPythonをインストール・切り…

vimrcを整理した話

秀丸も併用のにわかvimmerですが エディタはVimと秀丸の両方を併用しています。 なんでVim一本じゃないかというと、テキストを一時的に貼り付けておいたりするのには秀丸が便利だったりするからです。 Ctrl+C → Ctrl+V のコピペがVimはできなので、そうなる…

TortoiseGitからGitKrakenに乗り換えました

乗り換えました これまでTortoiseGitをずっと使っていたのですが、今回GitKrakenに乗り換えました。 ツリーの汚さには目をつぶってください。個人的に作業しているだけだからいいんです。 乗り換えたきっかけは↓の記事 qiita.com たまたまこれを見て「GitKra…